サザンカ

サザンカ
Camellia sasanqua
Camellia sasanqua
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
: ツツジ目 Ericales
: ツバキ科 Theaceae
: Theeae
: ツバキ属 Camellia
: サザンカ C. sasanqua
学名
Camellia sasanqua Thunb.[1]
シノニム
英名
sasanqua
栽培品種[6]
  • カンツバキ C. s. 'Shishigashira'

サザンカ(山茶花[7]、茶梅、学名: Camellia sasanqua)は、ツバキ科ツバキ属常緑広葉樹。別名では、オキナワサザンカともよばれる[1]童謡たきび」の歌詞に登場することでもよく知られる。 神戸市の市の木にもなっている。

漢字表記の山茶花は中国語ツバキ類一般を指す山茶に由来し、サザンカの名は山茶花の本来の読みである「サンサカ」が訛ったものといわれる。もとは「さんざか」と言ったが、音位転換した現在の読みが定着した[8]


全般の花言葉「困難に打ち克つ」「ひたむきさ」

赤い花「謙譲」「あなたがもっとも美しい」

白い花「愛嬌」「あなたは私の愛を退ける」

ピンクの花「永遠の愛」

形態・生態[編集]

常緑広葉樹の小高木[9]樹皮は淡灰褐色で表面は平滑である[7]。一年枝ははじめ紅紫色で毛が生えている[7]は長さ2 - 5センチメートル (cm) 程度の鋸歯のある楕円形でツバキよりも小さく[7]、やや厚くツヤがあり、互生する[9][10]

花期は、の終わりから初冬にかけての寒い時期(10 - 12月)で[9]、5枚の花弁のを咲かせる。野生の自生種では花色は部分的に淡い桃色を交えた白色であるのに対し[9]、植栽される園芸品種の花の色は、赤色や白色やピンクなど様々である。花弁が1枚ごとに散るので、ツバキとは区別がつく[9]

花が咲いたあとに直径2 cm 程度の球形の果実がつく。果実の表面には短い毛が生えており[7]、開花の翌年の秋に表皮が3つに裂けて、中から2 - 3個の黒褐色をした種子が出る[9][10]

冬芽は葉の付け根につき、花芽や葉芽はツバキに似るが全体に小ぶりである[7]。花芽は広楕円形で白い毛があり、夏頃に見られる[7]。葉芽はやや平たい長卵形で毛があり、5 - 7枚の芽鱗に包まれている[7]

冬の季語にされるなど、サザンカには寒さに強いイメージがあるが、開花時期に寒気にさらされると花が落ちること、四国・九州といった暖かい地域が北限である事などから、原種のサザンカは特に寒さに強いわけでは無い[10]品種改良された園芸種には寒さに強く、真冬でも花を咲かせる品種も少なくない[10]

サザンカ、ツバキチャノキなどのツバキ科の葉を食べるチャドクガが知られている。この毒蛾卵塊幼虫成虫には毒針毛があり、触れると皮膚炎を発生させる。また、直接触れなくても、木の下を通ったり風下にいるだけでも毒針毛に触れ、被害にあうことがある。

分布[編集]

日本山口県四国南西部から九州中南部、南西諸島屋久島から西表島)等に[9][7]、日本国外では台湾中国インドネシアなどに分布する[11][12]。山地に自生するほか、人手によって植栽されて庭でもよく見られる[9]

なお、ツバキ科の植物は熱帯から亜熱帯に自生しており、ツバキ、サザンカ、チャは温帯に適応した珍しい種であり、日本は自生地としては北限である。

人間との関わり[編集]

サザンカ(西脇市
樹齢600年のサザンカの大木(西方寺

ツバキと共に、代表的な冬から早春の花木で、庭木として人気が高く園芸種も多数あり[9]生垣によく利用される。種子からは油が採れる[9]

栽培品種[編集]

サザンカには多くの栽培品種(園芸品種)があり、花の時期や花形などで3つの群に分けるのが一般的である。サザンカ群以外はツバキとの交雑である。

  • サザンカ群
  • カンツバキ群
    • カンツバキ(寒椿) Camellia sasanqua Thunb. 'Shishigashira'(シノニム C. x hiemalis Nakai、C. sasanqua Thunb. var. fujikoana Makino) - サザンカとツバキ C. japonica との種間交雑園芸品種群である。
  • ハルサザンカ群
    • ハルサザンカ Camellia x vernalis (Makino) Makino

サザンカを題材にした楽曲[編集]

サザンカが出てくる短歌[編集]

  • 山茶花の樹相めでたし寒天にきらめく諸葉白き花ばな, 窪田空穂, 晴明の節

都道府県・市区町村等の木/花[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Camellia sasanqua Thunb.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2014年1月23日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Camellia drupifera auct. non Lour.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年10月9日閲覧。
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Thea miyagii Koidz.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年10月9日閲覧。
  4. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Camellia oleosa auct. non (Lour.) Rehder” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年10月9日閲覧。
  5. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Camellia miyagii (Koidz.) Makino et Nemoto” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021-10-0閲覧。
  6. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “BG Plants簡易検索結果表示”. 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList). 千葉大学. 2014年1月23日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2014, p. 60.
  8. ^ 金田一秀穂 (2010年3月17日). “【連載コラム】『金田一先生の日本語のココロ』第12回 「音位転換と倒語」”. 学研出版サイト. 学研マーケティング. 2014年1月23日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j 平野隆久監修 永岡書店編 1997, p. 141.
  10. ^ a b c d 渡辺 2017, pp. 13–20.
  11. ^ 島袋敬一編著 1997, p. 201.
  12. ^ 大野照好監修 片野田逸朗著 1999, p. 135.

参考文献[編集]

  • 大野照好監修 片野田逸朗著『琉球弧・野山の花from Amami : 太陽の贈り物』南方新社、1999年、135頁。ISBN 4-931376-21-5
  • 島袋敬一編著『琉球列島維管束植物集覧』九州大学出版会、1997年、改訂版、201頁。ISBN 4-87378-522-7
  • 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文『樹皮と冬芽:四季を通じて樹木を観察する 431種』誠文堂新光社〈ネイチャーウォチングガイドブック〉、2014年10月10日、60頁。ISBN 978-4-416-61438-9
  • 平野隆久監修 永岡書店編『樹木ガイドブック』永岡書店、1997年5月10日、141頁。ISBN 4-522-21557-6
  • 渡辺一夫『アジサイはなぜ葉にアルミ毒をためるのか:樹木19種の個性と生き残り戦略』築地書館、2017年。ISBN 9784806715368
  • 茂木透写真『樹に咲く花 離弁花2』高橋秀男勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2000年、174-175頁。ISBN 4-635-07004-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]